【鈴木砂羽 離婚報告全文】将来の展望で溝 別居も関係修復せず

[ 2015年8月15日 13:55 ]

吉川純広と離婚した鈴木砂羽

 女優の鈴木砂羽(42)が15日、俳優の吉川純広(32)と離婚した。所属事務所がファクスで発表した。鈴木の公式サイトのスタッフブログでも「私たちは夫婦として時間を進めていくよりも、個に戻り、今一度これからの人生をそれぞれに邁進するという結論に至りました」などと報告した。「将来に対する展望の違い」があったことを告白。破局原因を示唆した。今年4月に別居。距離を取り、真摯に向き合ったが、関係修復に至らず。2011年10月のゴールインから約4年の結婚生活にピリオドを打った。

 今年6月、一部女性週刊誌で吉川の不倫が報じられたが、所属事務所からのファクスで「そのような事実は断じてなかったと、この場を借りて申し上げたいと思います」と否定した。

 以下、鈴木のコメント全文。

 この度、私、鈴木砂羽と吉川純広は8月15日を持ちまして離婚することとなりました。

 私たちは今年の4月、前の住居から引っ越しを機に住まいを別々に構えました。
 
 私たちは交際当初、結婚してからも、2人で話す時間を大事にしていました。特に互いの未来に関してはよく話し合ってきたように思います。

 しかしながら、その度にいつも突き当たるのは将来に対する展望の違いでした。長い時間をかけて話してきましたが、いつも行き詰まるのはそこでした。私たちは現状を打破していきたい一心で、あるいは冷静になるために、ある決意をしました。それが前述の通り「別居」でした。私たち夫婦が1年かけて話し合った末の決断でした。そうして具体的に距離をとり、居を別々に構えても互いに考え合ったことを持ち寄り、そこでも逸らすことなく真摯に向き合いました。

 そうして私たちは夫婦として時間を進めていくよりも、個に戻り、今一度これからの人生をそれぞれに邁進するという結論に至りました。

 これまで、私たち夫婦を支えてくださった家族、友人、そしてファンの皆さまには残念な報告をしてしまうことをお許しください。関係者各位さま、スタッフの皆さまには今回の件でご迷惑をお掛けしてしまったことを心からお詫び申し上げます。

 私たちは一緒に過ごした時間の中で、たくさんの喜びも悲しみも共有できたこと忘れません。出会い、共に一緒にいられたこと、すべて感謝しています。

 再び別々の船を漕ぎ出す私たちですが、互いに精いっぱい努力し、前向きにこれからの人生を歩んでいきますので、どうか変わらぬ応援よろしくお願いいたします。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年8月15日のニュース