さしこ座長がHKT裏話暴露「公演中はメンバーが太る…」 博多に凱旋

[ 2015年8月15日 20:30 ]

博多で座長公演を行った指原莉乃(左)(C)AKS

 4月に東京・明治座で上演した「HKT48指原莉乃座長公演」の凱旋公演が15日、HKT48の本拠地、福岡・博多座でスタートした。

 座長を務める指原(22)は公演前の取材で「今回から2人新たに新メンバーが加わり、更にパワーアップしています。明治座公演よりも演技がちょっとうまくなっているんじゃないのかなと思いますので、是非期待していてください」とあいさつし、新キャストとして迎えた秋吉優花(14)と神志那結衣(17)の活躍に期待していた。

 新メンバーの神志那は「男役なので声を低くする練習をたくさんしてきました」、秋吉は「顔芸をするところがあるので見逃さないでください」と真剣な顔つきで意気込みを語った。

 兒玉遥(18)は「福岡で公演が出来るということで、家族や親戚に成長した姿を見せられるように頑張りたいと思います!」と凱旋公演を喜んだが、「実は…女性同士のキスシーンがあるので、親に見られるのは緊張するんです」と告白した。

 座長としての苦労話を聞かれた指原は「みんなが公演中、(疲れてたくさん食べるので)太る傾向にあるので、メンバーが太らないように節制したいと思います」と話し、笑いを誘っていた。

 公演は2部構成で、第1部は全編書下ろしのオリジナル演劇「博多少女歌舞伎 博多の阿国の狸御殿」、第2部はHKT48ライブショー「踊る!たぬき祭り」となっている。31日まで公演。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年8月15日のニュース