エリザベス・ウィルソンさん死去 「卒業」で主人公の母親役

[ 2015年5月12日 10:13 ]

1980年、ダスティン・ホフマンとハグするエリザベス・ウィルソンさん(AP)

 米女優のエリザベス・ウィルソンさんが9日、東部コネティカット州の病院で死去した。94歳。AP通信などが伝えた。

 映画「卒業」(67年)で主演ダスティン・ホフマンの母親役を演じた。ブロードウェー出身の実力派で、ベトナム戦争を題材にした演劇でトニー賞も受賞した。

 ミシガン州で21年、保険代理業の家庭に生まれた。高校卒業後、ニューヨークに移り、女優を目指したが、当初は仕事に恵まれなかった。

 生涯独身を通し、メディアのインタビューに「興味深い男性に何人も出会ったが、かつては結婚すると仕事を辞めざるを得なかった」と語った。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年5月12日のニュース