辻仁成 離婚騒動への支えに感謝 ツイッターやめるはずだった

[ 2015年3月2日 14:24 ]

辻仁成

 芥川賞作家でミュージシャンの辻仁成(55)が2日、自身のツイッターを更新。昨年、ツイッターをやめるはずだったことを告白した。昨年3月に離婚騒動が表面化(7月に離婚成立)。フォロワーに支えられたことを感謝した。

 「去年、ツイッターやめる予定でした。ところが春頃、晴天の霹靂があって(笑)十くん(長男)と2人で生きていかなければならなくなり、不安の日々へ。その間、フォロワーさんらの温かいツイートに支えられてきました。あ、これ、感謝ツイートです。主夫、頑張らなきゃね。ありがと」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年3月2日のニュース