恒松祐里 ポスト上野樹里で注目、ライバル「Twitter」のワケ

[ 2015年1月7日 09:00 ]

「つ」で1番!!と意気込む恒松祐里

 女優の恒松祐里(16)が、“第2の上野樹里”として注目を集めている。新垣結衣(26)が主演する映画「くちびるに歌を」(監督三木孝浩、2月28日公開)に出演。中学校の合唱部を描いた作品で、メーンの生徒役を務めている。

 あどけなさが残る高校1年生は、力強さを感じさせる瞳が魅力。劇中では合唱部を引っ張る部長を熱演。完成した作品を見て、「合唱でこんなに感動できるんだ、と思いました。頑張ってよかった」と笑顔を見せた。

 目標とする女優が、所属事務所の先輩である上野樹里(28)。上野は吹奏楽部を描いた04年の映画「スウィングガールズ」でブレーク。恒松も音楽がテーマの青春映画をきっかけにした飛躍が期待される。「天然の人、ブリっ子、性格が悪い子とか、いろんな人を演じてみたい。将来は海外でも活躍したい」と大きな夢を明かした。

 今年の目標は「“つ”と文字を入力したら、すぐに“恒松祐里”と予測変換されること」とユニークに掲げた。ヤフーで「つ」と入力すると、最初に出てくるのは「Twitter」。ツイッター超えの女優を目指す。

 ◆恒松 祐里(つねまつ・ゆり)1998年(平10)10月9日、東京都生まれの16歳。13年にファンキー・モンキー・ベイビーズの「ありがとう」の音楽ビデオに出演。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年1月7日のニュース