紅白欠席の有安杏果、メンバー&ファンに感謝「ももクロでよかった」

[ 2015年1月4日 08:56 ]

インフルエンザに感染し、紅白を欠席した「ももいろクローバーZ」の有安杏果

 インフルエンザのため、NHK紅白歌合戦出演を見送った「ももいろクローバーZ」の有安杏果(19)が3日夜、自身の公式ブログを更新し、紅白欠席を謝罪するとともに、メンバーやファンに感謝の言葉をつづった。

 「ももクロでいれたことに感謝」のエントリーで有安は「みんな、心配かけちゃって、、、本当にごめんね。。。メンバースタッフさん、冬美さんNHKさんにも多大な迷惑をかけてしまい本当に本当にすいませんでした」と謝罪。当日は家族3人でテレビで紅白を見たことを明かした。

 そして、ももクロの出番では「始まったらアッという間で気が付いたら家族3人とも泣いてました」と告白。「私もこの日はモノノフとなって一緒に家で大声で歌ったよ」と続け、「ももクロの優しさと温かさがここにきてまた心に沁み渡り泣かずにはいられませんでした。あと、モノノフさんの声・・・ももクリの現場でも思わず涙したけど、そりゃもう号泣でしょ・・・ホント凄かった」と振り返った。

 また、本番後にメンバーから電話があったことも明かし「素直な気持ちやメンバーへの感謝を真っすぐには伝えられなかったけど、本当に心からももクロでよかったって泣いてました」とも…。そして「今年もまた紅白に出れるような立派なステージを見せてくれたので絶対絶対、その夢叶えたいと思います」と決意をつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年1月4日のニュース