田宮五郎さん死去 故田宮二郎さん次男、浅野ゆう子と交際も47歳で…

[ 2014年11月10日 05:30 ]

亡くなった田宮五郎さん

 映画「白い巨塔」の主演などで知られ、78年に猟銃自殺した故田宮二郎さん(享年43)の次男で、俳優の田宮五郎(たみや・ごろう、本名柴田英晃=しばた・ひであき)さんが6日未明、くも膜下出血のため東京都内の病院で死去した。47歳。東京都出身。葬儀は近親者で済ませた。

 田宮さんは12年4月12日に都内の自宅でくも膜下出血で倒れた。翌13日に8時間に及ぶ手術を受け、一時は昏睡(こんすい)状態に陥ったが、リハビリができるまでに回復。同7月にリハビリ専門病院に転院、同12月に退院していた。

 数週間前に田宮さんに会った知人によると、「仕事をしたい」と話し、復帰への意欲を見せていた。以前のように滑らかに言葉が出なかったものの、順調に回復していた様子だったという。

 闘病を支えたのは、07年から交際していた女優浅野ゆう子(54)だった。入院中の12年6月に交際が報じられると、「良き理解者である田宮さんは今、“生きていきたい”と前向きに信念を持ち、懸命に病と闘っております」とコメントし、交際を認めた。当時から同居しており、退院時も浅野が付き添った。

 田宮さんは、06年に39歳で俳優デビュー。同年のNHK大河ドラマ「功名が辻」に黒田長政役で出演した。浅野とはデビュー前からの知り合いで、以前は同じ事務所に所属していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年11月10日のニュース