香取慎吾 コンサート秘話明かす「中居君が木村君を…」

[ 2014年11月10日 16:52 ]

 人気グループ「SMAP」の香取慎吾が、東京都内で行われた久光製薬の新CM発表会で、女子アームレスラー3人との対戦に挑んだ。初めの2人には勝ったが、3人目に負けて「ビクともしなかった」と話した。

 黒いタンクトップ姿の香取は、右腕をぐるりと回してウオーミングアップ。ピンクの覆面をした女子アームレスラーの勇姿に「本物の(アームレスリングの)人でしょ?」と恐る恐る戦ったが、初めの2人にはすんなり勝てた。

 「ここまできたら勝ちますよ」と余裕を見せて迎えた3人目との対戦。これまでと様子が違い、香取の表情はこわばったまま、なかなか腕が動かない。香取が相手の顔を見た直後、ゆっくりと腕が倒されていった。

 香取は「すごかった。動かなくて試合の途中で目が合った時に『芝居しているの?』みたいな顔をされて、しかもちょっと声を出して『はっ?』と言われて…」と恐れ入った様子だった。

 前日にナゴヤドームで開催されたSMAPのコンサートで、木村拓哉と中居正広の衣装が誤って入れ替わったハプニングにも触れ、「(衣装が入れ替わるのは)初めてのことです」「曲が始まって中居君が木村君をつかんで『それ、俺のだよ』と小声で話して。『やば。もめている』って思いました」と打ち明けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年11月10日のニュース