「仮面ライダーウィザード」永瀬匡が映画初主演、体脂肪3%高校生に

[ 2014年10月2日 07:56 ]

来年公開の「ズタボロ」で映画初主演を果たす永瀬匡

 「仮面ライダーウィザード」などで人気の俳優、永瀬匡(21)が来年公開の映画で初主演することが決まった。

 作家・ゲッツ板谷氏の自伝的小説「メタボロ」と「ズタボロ」(幻冬舎刊)を原作とした「ズタボロ」(監督橋本一)で、不良高校生の青春群像劇。永瀬は同じ事務所の若手俳優、福士蒼汰(21)らと「肉体改造部」を結成してトレーニングを積んでおり、体脂肪3%という引き締まった体をつくり上げている。そんな鍛え上げた体から繰り出すアクションが今作の見どころ。「喜怒哀楽、自分が感じるままに演じました。僕にとって毎日が凄く輝いていた瞬間の連続でした」と熱演を振り返っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年10月2日のニュース