新座長すっちー 第2子次女誕生「スベっている場合じゃない」

[ 2014年10月2日 10:28 ]

第2子次女が誕生したすっちー

 吉本新喜劇の新座長・すっちー(42)に1日、第2子次女が誕生した。2日、所属のよしもとクリエイティブ・エージェンシーが発表した。

 夫人が1日午後1時13分、奈良市内の病院で2602グラムの女児を出産。母子ともに健康。

 すっちーは「新喜劇に入った年(2007年)に第1子(長女)、座長になった年に第2子が誕生したので、一層気合が入ります。子どもは2人とも『笑』という字が入っている名前なので、お父さんがスベっている場合ではありません。どんどん大阪に笑いを提供できる新喜劇にしていきたいです」と喜びのコメントを発表した。

 2006年9月、7歳年下の女性と結婚。今年、新座長に就任。6月に大阪・なんばグランド花月(NGK)で座長就任公演を行った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年10月2日のニュース