坂上忍VSふなっしー再び!月曜レギュラーは初の地引き網ロケ

[ 2014年8月15日 13:15 ]

坂上忍(左)とふなっしー

 18日のフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)は月曜MCの坂上忍(47)東進ハイスクールの林修氏(48)神田沙也加(27)ふなっしーの4人がスペシャルトークを繰り広げる。月曜レギュラーの野々村真(50)いとうまい子(49)IKKO(52)ハマカーン、ホラン千秋(25)吉倉あおい(19)はスタジオを飛び出し、好評ロケ企画「生中継!サンドウィッチマンの日本全国地引き網クッキング」に参加。月曜レギュラー陣がサンドウィッチマンとロケを行うのは初となる。

 坂上のふなっしーとの共演は、今年4月7日の月曜初回放送「お悩み相談」コーナー以来。休みがないと嘆くふなっしーに「辞めちまえ」などと毒舌を吐いた。

 坂上は「丁々発止のやりとりができる方なので、一番楽しみにしています。久しぶりに、外側ではなく中身の方に会えるのが楽しみですね」と手ぐすねを引く。

 当日はスタジオにはレギュラー陣がいないが「何かあった時に、拾う人がいないんですよね。そのことについては、ふなっしーを利用するしかないと思っています。ふなっしーを舎弟にして、生放送を回していこうと。困った時には、ふなっしーをIKKOさん扱いにして乗り切りたいです」と作戦を披露。

 「レギュラーメンバーが1人もいないので、いつもよりもガチンコでやっていきたいです。ゲストでお越しいただける方々も、僕しかいないとなると守ってくれる人がいないので、覚悟を持ってスタジオに来ていただきたいです」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年8月15日のニュース