川栄 右手包帯も笑顔の復帰!イジり催促、手荒い祝福にも大喜び

[ 2014年6月11日 11:55 ]

3週間ぶりに「バイキング」に復帰したAKB48の川栄李奈

 先月25日に発生したAKB48握手会襲撃事件で負傷した川栄李奈(19)が11日、水曜レギュラーを務めるフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。3週間ぶりに番組復帰した。

 7日の第6回選抜総選挙(味の素スタジアム)開票イベント前には「欠席」とアナウンスされたが、自らスタッフに志願し、事件後ファンの前に初登場。右手に巻かれた包帯はレインコートの袖に隠れていた。

 この日はピンクのパーカーに帽子とカジュアルなかわいらしい洋服も、負傷した右手には痛々しい包帯があらわに。親指は固定されているもよう。左手の甲には点滴のあとと思われるバンソウコウ。それでも番組冒頭から元気にレギュラー陣と絡んだ。

 番組が始まると、MCの「おぎやはぎ」はまずゲストの鈴木亜美(32)を紹介。なかなかイジってもらえない川栄は「すいません!私、復帰したんですよ、きょうから。何かないですか?」と自ら話に割って入った。復帰を報告すると、拍手で迎えられた。

 右手の状態については「大丈夫。バッチリ」と笑顔。ケンドーコバヤシ(41)に「ヒッチハイクし放題」とツッコミを入れられた。

 選抜総選挙は速報値45位から16位に大躍進。選抜入りを祝い、くす玉が用意された。しかし、かなり小さめ。垂れ幕にはレギュラー陣が寄せ書き。川栄は「うれし~」と大喜びも「待ってたよ~」のほか「(1位の)まゆゆ(渡辺麻友)はかわいい!!」「休んでる間にかわいくなったね。どっかイジった(整形した)?」などのボケも。川栄は「(自分で)メークができなくて、メークさんにしてもらっている」と言い訳。おぎやはぎ流の“透かし”やレギュラー陣の手荒い祝福に、川栄への“愛”が感じられた。

 番組の最後にはレギュラー陣を「家族だと思っています」と語り、復帰を喜んだ。

 この2週間は、いずれも電話生出演。28日は「めっちゃ元気です」と明るい声。裏番組の日本テレビ「ヒルナンデス!」を見ていると笑いを誘った。4日は「きょうは電話かけてきてくれなんですか?」と自ら“押し掛け”電話。病院の冷房が効きすぎ「ちょっと風邪ひいちゃった」などと話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2014年6月11日のニュース