東出昌大 高良健吾の“裏切り”告白に肩落とす「マジで?」

[ 2014年6月11日 16:50 ]

15年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」配役発表会見に登場した(左から)高良健吾、伊勢谷友介、井上真央、東出昌大

 女優の井上真央(27)が主演する2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の配役発表会見が11日、都内のNHKふれあいホールで行われ、主人公の兄・吉田松陰役の伊勢谷友介(38)、高杉晋作役の高良健吾(26)、主人公の最初の夫・久坂玄瑞役の東出昌大(26)がそれぞれ追加で発表された。

 高杉晋作を演じた「龍馬伝」(2010年)以来、2度目の大河出演となる伊勢谷は「吉田松陰先生はかねて本当に尊敬させていただいている人物。心持ちだけでは自分自身に親しいと思っている松蔭先生を僕だったら表現できると自負している」と自信たっぷり。

 高良と東出は大河初出演。16歳の時にオーディションで出会ってから親交を深めてきた2人。出演が決まり、飲んだ際には松下村塾のあった山口県萩市を2人で訪問することを約束したというが、高良から「お墓参りとか松下村塾とかに行こうって話していたんですが、この前、家族と山口県に旅行に行った時に寄ってしまった。ごめんね…」とまさかの裏切りの告白。東出は「マジで?スケジュールが厳しいってマネージャーさんから伺ってたから…」と肩を落とした。

 主演の井上とは連続テレビ小説「おひさま」(2011年)で夫婦役で共演し、3人の中では唯一共演経験がある高良は「朝ドラで共演させていただいた時から大好きで、真央さんってだけでやりたいと思えた方です。座長として前にいるというよりは中心にいる感じで、不思議な方だった」と絶賛。

 あまりの賞賛ぶりに、井上は「いつも褒めてくれるので励みになります」と照れ笑いを浮かべた。「今回も(座長として)引っ張っていくというより、しっかりと中心に立つことが目標なのかなと思っている。ぜひ先頭を走っていくのは伊勢谷さんにお願いしたい」と座長としての思いを語った井上。ラブコールを送られた伊勢谷は「つまづいて転ぶのは得意です」と返し、笑わせていた。クランクインは8月で、萩を中心に山口県でロケを行う予定だという。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年6月11日のニュース