沢尻ドラマ 副音声で菜々緒、佐々木希ら“雑音漫才解説”

[ 2014年6月11日 10:00 ]

「ファースト・クラス」に出演する(左から)佐々木希、石田ニコル、菜々緒

 沢尻エリカ(28)が主演するフジテレビの連続ドラマ「ファースト・クラス」(土曜後11・10)の第9話(7日放送)副音声は“雑音漫才解説”が展開される。

 ファッション雑誌編集部を舞台に、女同士の格付け地獄「マウンティング」を描く“現代版・裏シンデレラストーリー”。劇中、登場する“心の声”が話題だが、今回は腹黒コネ入社の腰掛系・川島レミ絵(菜々緒=25)と“ファースト・クラス”のトップモデル、MIINA(佐々木希=26)とERENA(石田ニコル=24)の3人が言いたい放題のブラック解説を展開する。

 ユーモアたっぷりで絶妙な掛け合いは、「副音声はもう、めちゃくちゃです、ひどいです(笑)」(菜々緒)、「笑ってしまうほどおもしろくて収録が楽しかったです」(佐々木)、「「ホント大丈夫かな? って思うくらい自由にやらせてもらいました!!」(石田)と3人とも大満足の仕上がりとなっている。

 “心の声”は放送スタート直後から大反響。レミ絵のブラックな本音をまとめた動画「悪女レミ絵の金言暴言・罵詈雑言」は再生回数32万回を突破している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年6月11日のニュース