HKT48「Mステ」初出演!小学生2人 指原は「おばあちゃん」

[ 2014年2月14日 20:25 ]

「Mステ」に初出演したHKT48のメンバー

 「HKT48」が14日、テレビ朝日「ミュージックステーション」(金曜後8・00)に初出演した。

 劇場支配人を兼ねる指原莉乃(21)は「AKBとは違って、若さいっぱいで緊張しますね」。メンバーに小学生2人(田中美久、矢吹奈子=ともに12)がいることに興味を示した司会のタモリ(68)。「小学生から見て、指原はどうですか?」と聞かれると、矢吹は「何か、おばあちゃんみたい」、田中は「おばあちゃんじゃないよ。ひいばあちゃんだよ」と爆笑を誘った。

 指原は「ショックで、もう踊れない」と苦笑い。タモリも「オレなんか類人猿みたいなものだからね」。2人は「でも(指原は)やさしいです」と“フォロー”。誰にあこがれて?の質問に、矢吹は「指原さんです」と答えた。

 この夜は3枚目のシングル「桜、みんなで食べた」(3月12日発売)をテレビ初披露した。前作に続き、田島芽瑠(14)朝長美桜(15)がセンターを務め、研究生の矢吹と田中がともに初選抜入りを果たした。

 2011年10月に誕生。12年6月に指原がAKB48から移籍。昨年3月「スキ!スキ!スキップ!」でデビュー。同9月に2ndシングル「メロンジュース」を発表した。今年1月にスタートした「九州7県ツアー」は3月21日、福岡サンパレスホールでファイナルを迎える。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2014年2月14日のニュース