マツコ 年末年始は寝込む「誰かが来てくれる状態を作らないと」と切実

[ 2014年1月7日 18:13 ]

ミスタードーナツ新CM発表会で囲み取材に応じるマツコ・デラックス

 タレントのマツコ・デラックス(41)が7日、都内で行われた「ミスタードーナツ新CM発表会」に出席。年末年始は風邪で寝込み、おせちも食べ損ねたことを明かした。

 「きのうまで大変だったのよ!」と切り出したマツコ。「元日から風邪をこじらせて寝込んでたのよ。せっかくお節も頼んでたのに、モノが食べられない状態になっちゃって、賞味期限が切れちゃったのよ。7週間ぐらい休みだったけど、5日間ぐらいは寝てた。お正月はこっちも気が引けるのよね。助けてって言えない性分だから一人で耐えしのんだわよ」と散々だった正月を告白した。

 近所の神社に初詣には行ったといい、「風邪で大変だったのに、神頼みだなと思って。夜中だから誰もいないし、おみくじも売ってなかったわよ。もうちょっと生きたいですって(お願いした)。ガチよ」と笑った。親交のある歌手の小泉今日子(47)らも出演した年末の「NHK紅白歌合戦」もまだしっかりとは視聴してないといい、「紅白も録画してるんだけど、とりあえず(北島)サブちゃんのトリだけ見たわよ。悪いけど、キョンキョンもまだ見てないのよ」。

 「仕事が忙しいだけが心の支え」というマツコ。そんな年末年始を過ごしたせいか、「いい関係の人じゃなくてもいいから、誰かが来てくれる状態を作っておかないと、こうやってこのまま死んでいくのねって、現実味を帯びてきたわ。お正月から切実だったので、電話すると来てくれる人がほしいわよね」とリアルすぎる目標を掲げていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年1月7日のニュース