矢口真里 不倫騒動から5カ月…“無期限休業”正式発表

[ 2013年10月14日 06:00 ]

無期限休業となった矢口真里

 5月の不倫報道後、芸能活動を事実上休止している矢口真里(30)の所属事務所が13日、正式に活動休止を発表した。期間については「現状未定」としており、事実上の無期限休業となる。

 矢口は騒動後初めて正式なコメントを発表した。「自分なりに色々と考え、事務所とも何度も話し合った結果、しばらくの間お休みを頂くことにしました」と説明。5月15日付以来のブログも更新し「また皆さんに元気な姿をお見せしますので、これからもよろしくお願い致します」とつづった。

 所属事務所によると、協議の末、矢口が「休みたい」と希望。騒ぎから5カ月近く経過したタイミングでのコメントは「復帰に関する情報が錯綜(さくそう)していたため」と説明。事務所側はこれまで、仕事を休む際の理由を「体調不良」としていた。

 5月21日発売の「週刊女性」が不倫を指摘。9日後に俳優中村昌也(27)と離婚した。5月時点でテレビ5番組のレギュラーを抱えていたが、次々に降板。10月改編までにすべてなくなった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年10月14日のニュース