山田邦子“山田つながり”で復興大使に 震災直後から支援

[ 2013年10月14日 16:51 ]

「山田町復興ふるさと大使」に任命されたタレントの山田邦子(左)と佐藤信逸町長

 東日本大震災で大きな被害に遭った岩手県山田町は14日、タレントの山田邦子(53)を「山田町復興ふるさと大使」に任命した。

 佐藤信逸町長から町役場で委嘱状を手渡された山田は「責任重大。しかし当たり前のことを当たり前にやっていきたい」と笑顔で話した。

 山田は町とゆかりはないが、震災直後から避難所に物資を届けるなど支援を続けてきた。「(名字と同じ名前の)山田っていう町があるんだと思って」と縁を強調した。

 山田は早速、地元吹奏楽団の演奏会にゲスト出演。歌とトークを披露し、聴衆から拍手を受けていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年10月14日のニュース