城恵理子 電撃NMB復帰!一度は離脱も研究生で再出発

[ 2013年10月14日 06:00 ]

NMB48の研究生として復帰が発表され、あいさつする城恵理子(左は金子剛NMB48劇場支配人)

 NMB48は13日、大阪城ホールで結成3周年記念公演を開き、昨年9月に卒業した城恵理子(14)の復帰を発表した。終盤に本人がサプライズ登場し、「たくさんのことを背負う覚悟でこの世界に戻る決意をしました」と宣言。総合プロデューサーの秋元康氏(55)から「ポスト前田敦子」と評され、チームMのセンターを務めた逸材が研究生で再出発する。

 アンコール明けの場内に、「恵理子コール」が響き渡った。城はこわばった表情で深々と頭を下げると、「普通の女の子として生活する中で、“私は何をやっているんだろう”と悩むようになりました」と心情を吐露。「納得できない方もいると思う。一から頑張って“ただいま”と言える日が来るように努力します」と声を震わせて誓った。

 城の復帰はメンバーにも知らされておらず、山本彩(20)は「ビックリしましたが城ちゃんの決意、響きました」と涙目。渡辺美優紀(20)は跳び上がって喜びを表現し、「うれしい報告ですね」と祝福した。

 運営側によると、学業に専念するため離脱したが城から復帰したいとの申し出があり、今月上旬に特別オーディションを実施、再加入を認めた。AKB48グループで離脱、復帰したメンバーはAKBの菊地あやか(20)、鈴木紫帆里(19)に次ぐ3人目。

 城は前田に憧れて11年5月、NMBに応募して合格。同7月、西武ドームでのAKBのコンサートで「ロマンスかくれんぼ」をソロ歌唱、早くから注目される存在だった。

 ◆城 恵理子(じょう・えりこ)1998年(平10)11月27日生まれ、兵庫県出身。愛称は「ジョー」。11年8月、2期生公演「PARTYが始まるよ」で劇場公演デビュー。好物は綿菓子とアイスクリームで、特技は器械体操と剣道。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2013年10月14日のニュース