吉川晃司 原爆の日に広島で始球式「平和を祈願し一球入魂で投げます」

[ 2013年6月22日 06:00 ]

始球式をすることになった吉川晃司

 広島県出身の被爆2世の歌手、吉川晃司(47)が8月6日の原爆の日に、マツダスタジアム(広島市)で行われるプロ野球の広島―阪神戦で始球式をすることになった。21日、生協ひろしまが発表した。

 同生協が平和を訴えるイベント「ピースナイター」は今年で6回目。5回裏終了後に吉川はジョン・レノンの「イマジン」を独唱する。

 吉川はコメントを出し「広島から平和の大切さを次世代に伝える意義のある試合に参加できることを感謝します。平和を祈願し一球入魂で投げます」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2013年6月22日のニュース