辛坊治郎氏から突然の連絡「船体放棄しかない」

[ 2013年6月22日 07:45 ]

目を潤ませ会見する辛坊氏(右)と岩本氏
Photo By スポニチ

辛坊治郎氏 小型ヨット太平洋横断断念

 辛坊氏らをサポートする事務局「プロジェクトD2製作委員会」(大阪市)によると、辛坊氏から事務所に緊急連絡があったのは午前7時35分。衛星携帯電話で「右舷から浸水あり。船体放棄しかない」という、切羽詰まった内容だった。

 事務所スタッフが「船体放棄は最後の手段。まずは排水してください」と指示。その後会話は途切れ、受話器越しに辛坊氏の「排水がポンプでいけるかもしれない」と話す声が聞こえてきたという。

 しかし、約25分後の午前8時1分、再び辛坊氏から「船体を放棄しました。2人は大丈夫」と、救命ボートに乗り移ったとの連絡が入った。

 第2管区海上保安本部(塩釜)によると、現場は宮城・金華山の南東約1200キロ付近。通報を受け現場に向かった海上保安庁の航空機が午前11時44分、ボートの2人を確認した。

 その後、海上自衛隊が救難飛行艇を派遣。午後2時ごろから約1時間上空にとどまったが、波が高いため着水できず、燃料切れで引き返した。海自はあらためて、同じ型の飛行艇を派遣。午後6時15分ごろ2人を無事救出した。現場は雨が降り、救助時の波の高さは3~4メートル、風速16~18メートルだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2013年6月22日のニュース