小倉優子 “恩人”有吉に感謝「やっぱりという感じでした」

[ 2013年6月22日 12:41 ]

著書「小倉優子のはじめてママdays」を手にほほ笑む小倉優子

 タレントの小倉優子(29)が22日、都内の書店で書籍「小倉優子のはじめてママdays」出版記念の握手会を行った。昨年6月に第1子を出産した小倉が手がけた初の育児本。子育てやファッションのポイント、家庭料理のレシピなどを紹介している。

 小倉は「一人のママ友の生活を見る感じで楽しんで。色んな情報を詰め込みました」とPRした。インタービューではグラビアアイドル時代の苦悩も語っている。”こりん星“からやってきたという設定に行き詰まりを感じていた09年頃、お笑い芸人の有吉弘行(39)のアダ名で不思議キャラを卒業するきっかけをつかんだという。

 小倉は当時を振り返り「『ウソの限界』と付けて頂いたので、やっぱりという感じでした」と“恩人”に笑顔で感謝。また、ママ友との交流にも触れ「ギャル曽根ちゃんとかミキティ(藤本美貴)とか。育児やお仕事、旦那さんとかの話をしています」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2013年6月22日のニュース