宇多田ヒカル、リスナーに感謝「シャキーン!大人の色気を装備した」

[ 2013年4月17日 21:15 ]

 2010年末から活動休止中のシンガーソングライター・宇多田ヒカル(30)が、13年ぶりのラジオのレギュラー番組、InterFM「KUMA POWER HOUR with Utada Hikaru」(毎月第3火曜後10・00)の初回放送(16日)から一夜明けた17日、自身のツイッターを更新し、リスナーに感謝した。

 宇多田は「昨夜のKUMA POWER HOUR、聞いてくれたみんなありがとう!」とお礼。「楽しんでいただけましたか?雰囲気が大人っぽいという感想が多いみたいね。シャキーン!ヒカルは大人の色気を装備した」と30歳になって初の番組を“自画自賛”した。

 「ラジオ番組、聴ける地域が限られててごめんね。もっといろいろな聴き方ができるように模索中アンド奮闘中だから、『聴きたいけど聴けないよー』という方はしばしお待ちを…!」と呼び掛けた。

 現在“人間活動中”の宇多田が日々の生活の中で出会った音楽を紹介する1時間。番組ホームページには、母・藤圭子(61)の「新宿の女」をはじめ16日のオンエアで宇多田が選んでかけた10曲が掲載されている。

 次回放送は5月21日。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年4月17日のニュース