トム・クルーズ 神林長平氏のSF小説実写版「ユキカゼ」に出演

[ 2013年4月17日 08:12 ]

 トム・クルーズが日本のSF小説「戦闘妖精・雪風」の実写映画化となる新作「ユキカゼ」に出演することになった。

 SF作品への出演が相次いでいるトムだが、ワーナー・ブラザースが神林長平氏の同SF小説を映画化することになり、今回またしてもSFへの出演契約を結んでいる。原作のシリーズは日本ではすでにアニメ映画化され、早くもDVD化されている。 

 巨額の予算が投じられるという「ユキカゼ」は、南極大陸に出現したワームホールを通って異星体ジャムが地球に侵攻してきてから30年後が舞台となるという。トムは、ジャムの惑星に基地を構えて攻撃への復讐を試みる地球防衛の特殊戦闘員を演じる予定だ。雪風はミッションの際にトム扮する主人公のパイロットが乗る特殊偵察機の名前だ。

 またデッドラインの報道によれば、桜坂洋氏原作のライトノベルをトム主演で映画化する「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を手掛けたアーウィン・ストフとトム・ラサリーがジェイソン・ホッフスと共にプロデュースを担当するようだ。

 SFファンだというトムは、人類の文明が滅んだ後の世界を描くSF作品で5月31日に日本公開予定の最新作「オブリビオン」でオルガ・キュリレンコと共演している他、エイリアンの侵略を描く新作「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の公開も控えている。さらにトムは、クリストファー・マッカリー監督と共に「アウトロー」の続編と「ミッション:インポッシブル」シリーズ最新作も手掛けている段階だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年4月17日のニュース