勘三郎さん追悼本出版 孫・七緒八くんを囲んだ家族写真も公開

[ 2013年3月28日 08:41 ]

出版される追悼本「十八代 勘三郎」の表紙

 昨年12月、惜しまれながら世を去った中村勘三郎さん(享年57)の素顔をつづった「十八代 勘三郎」(小学館)が28日、出版される。

 同著は、03年6月から05年2月までスポニチ本紙に連載された「勘九郎かわら版」を1冊にまとめたもの。一度、勘三郎さんの襲名興行に合わせ「襲名 十八代」のタイトルで発売された。

 今回、追悼版としてあらためて加筆修正が加えられ「天真爛漫(らんまん)な人でした。でも、ものすごく繊細な人でした」(勘九郎)、「天賦の才能と言われますが、輪をかけて努力の人でした」(七之助)と2人の息子の父への思いも掲載されている。

 勘九郎の長男・七緒八くんを囲んで写した家族写真も公開。表紙は、05年1月、「十八代目中村勘三郎を祝う会」で写真家の篠山紀信氏が撮影した笑顔の勘三郎さんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年3月28日のニュース