加藤シルビアアナ 過酷な罰に本音ポロリ「今どき芸人さんだって…」

[ 2012年10月29日 14:05 ]

TBS「女子アナの罰」YouTube配信開始取材会に出席した加藤シルビアアナウンサー

 TBSの人気深夜バラエティー「女子アナの罰」(金曜深夜1・25~)が26日からYouTubeでの映像配信を開始。29日に同局で行われた取材会に、番組出演の女性アナウンサーを代表し、朝の情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」などに出演する加藤シルビアアナウンサー(26)が出席した。

 「オアシズ」の大久保佳代子(41)と「サンドイッチマン」の伊達みきお(38)をMCに迎え、女子アナの素顔を暴くべく、さまざまな対決を行い、毎回一番ダメだった女子アナに過酷な罰を与える女子アナが主役の番組。「自分たちが主役になるのは初めてだったので、何が起こるのか、(最初は)不安だった」という加藤。「進行役を芸人さんにやっていただいているので、大船に乗った安心感がありますね。(MCの2人は)本当は優しい方ですけど、毎回、心を鬼にしてやってくださってますね。でも、カメラが回ると、厳しいというか、冷徹に有無を言わさずやらされる感じはあるますけど」と笑った。

 これまでの“罰”を振り返り、「本当に嫌な罰なんです。一人で夜の学校に肝試しとか行けますか?今どき芸人さんだって行かない。だから、人のことを蹴落とすことと、自分の点数をちゃんと挙げることしか考えられなくなりますよ」と本音もポロリ。

 とはいえ、番組が始まってからつらいことだけでなく、良いこともあったようで、「アナウンス部の後輩とも接する機会も増えましたね。しゃべる総量は10倍ぐらいになった。これまで先輩との仕事は多かったけど、あまり後輩との仕事はなくて、(この番組のおかげで)後輩の性格もどんどんよく分かってきました」と笑顔。

 加藤の活躍もあり、人気を集めている同番組だが、今後、単発でのゴールデン進出も考えられる。「今の時点でこんな罰ゲームなのに、ゴールデン行ったらどんな罰になるんだろう…。でも、やりますよ、逃げたりはしないから大丈夫です。立ち向かいます!」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2012年10月29日のニュース