あの頃は楽しかった…ジローラモ「ディスコはJリーガーばっかり」

[ 2012年10月29日 18:01 ]

「プリンス ディスコ」記者発表会に登場した武田修宏(左)とジローラモ
Photo By スポニチ

 タレントのパンツェッタ・ジローラモ(50)が29日、東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われた「プリンス ディスコ2012」の開催記者発表会に元サッカー日本代表でタレントの武田修宏(45)とともに出席した。

 12月7日に一夜限りで開催される国内最大規模のディスコイベントで、同ホテルの大宴会場「飛天」がメイン会場となる。当日、ゲストDJとして参加するジローラモは「(DJは)何回もやっているけど、こんなにたくさんの人の前でやるのは初めて。ワクワクしてますね。それに、バブルの思い出でやるから、すごく面白い。我々はあの時代で楽しんでたけど、あの時代を知らない人もいっぱいいるから、若者にそういう時代を感じさせることができるのが楽しみ」と期待を膨らませた。

 現在も友人である武田とはバブル当時からディスコなどで顔を合わせていたというジローラモ。「試合に出ないサッカー選手たちは土曜日も遊んでたし、ほとんどJリーグの選手ばっかり。武田ともディスコで何回も会っていた」とジローラモが話すと、武田も「土曜日に試合があった時は、終わってから原宿でテキーラ飲んで、みんなに青山で踊ったり、芝浦に行ってジュリアナ東京でみんなで飲んだりしていた。試合前はホテルで外出禁止だし、月曜から金曜まではお酒も飲めないので、そのストレスを土曜の夜に踊って発散してましたね」と華やかな時代を振り返った。

 イベントでは、ロイヤルスイート宿泊券にVIPチケット付きで2名100万円という一夜限定のバブルプランも用意。ジローラモは「高いかなと思ってしまったら高いけど、楽しいことをやろうと思ったら安い。思い出が残ると思う。僕も泊ってみたい」とアピールした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2012年10月29日のニュース