“不倫”に反対だった元社長 「うちの大切な小林に近づくなんて」

[ 2012年4月11日 08:58 ]

さだまさしのバースデーコンサートにゲスト参加した小林幸子

 小林幸子(58)の事務所幹部解任騒動で、元社長が小林の夫で医療関連会社社長の林明男氏(49)に不信感を抱いた端緒が、約10年前の小林との不倫疑惑だったことが10日、分かった。

 元社長が周囲に明かした内容によると、小林と林氏の交際が始まったのは01年。林氏が前妻と離婚したのは04年2月のため、交際当初は不倫関係にあった疑惑が浮上する。疑惑を知った元社長は当時「妻子がある身なのに、うちの大切な小林に近づくなんて」と林氏に不信感を抱き、その後も疑惑が明るみに出ないよう注意していたという。当時を知る音楽関係者も「元社長に限らず、周囲の多くは交際に反対していた」と指摘した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2012年4月11日のニュース