「嵐」櫻井翔 “初共演”にテンション上がった

[ 2012年4月11日 07:38 ]

 「嵐」の櫻井翔(30)が、13日から全国放送されるアフラック<もっと頼れる医療保険 新EVER>の新CM「まねきねこダックX3 おめでとう」編に出演する。櫻井は同社の<生きるためのがん保険 Days>の青いダックシリーズCMでは活躍中だが、今シリーズには初登場。おなじみのダック、ネコ、まねきねこダックXと共演。キャラクターが勢ぞろいしている。

 舞台は病院の診察室。入院中の男性が医者から退院許可をもらう場面に、友人役の櫻井とダック、ネコが付き添っている。医師の「あとは通院でいいですよ」の言葉に、「よかったな!」と櫻井。病院のロビーを抜けて外に出ると、そこにはチアリーダーに扮した無数の「こまねきねこダック」がズラリ。ポンポンを振ったり、大きく跳びはねたり、パフォーマンスを披露する中をうれしそうに歩く櫻井たち。すると目の前には力強いポーズを決める大きな「まねきねこダックX」が出現。首元の鈴が割れ、そこから「退院おめでとう」の垂れ幕が現れる。

 櫻井は“初共演”の「こまねきねこダック」の印象について「チアリーダーになって、僕が歩いている横を動くしぐさが可愛かったですね。おかげで撮影現場でもテンションが上がりました」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2012年4月11日のニュース