小林幸子 「お兄ちゃん」さだまさしの激励に涙

[ 2012年4月11日 06:00 ]

コンサートにゲスト参加した小林幸子が、さだまさしとステージ上で抱き合う

 小林幸子(58)は10日、騒動後初のステージに上がった。さいたまスーパーアリーナで行われた、さだまさし(60)のバースデーライブにゲスト出演。ピンクのドレス姿で、93年にさだから提供された歌「約束」をデュエットした。

 さだを「お兄ちゃん」と慕っており、05年2月に主催したパーティーでも林氏を紹介するなど親しい関係。今回の騒ぎを案じたさだから「自分の家にも帰れないのに。つらかったら来なくていいから」と言われたが「なに!行くわよ」と駆けつけたという。

 ステージでは還暦を迎えたさだを祝福。「頑張ろうな。応援してる人はいっぱいいるから。いい年をとって最後は笑えるようにしよう」と激励されると、目を潤ませた。

 さだは公演前、取材に応じ「リハーサルの時から元気だった。何を言われても自分を貫くことが大切」と大事な“妹”にメッセージを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2012年4月11日のニュース