陣内智則 国仲涼子とラブシーンなし「楽しみは暗転の時に…」

[ 2012年4月11日 10:50 ]

吉本百年物語で「フライング」を披露した陣内智則

 吉本興業100年の歴史をひもとく芝居「吉本百年物語」4月公演「大将と御寮ンさん・二人の夢」プレビュー公演が10日、大阪・なんばグランド花月であり、主演の国仲涼子(32)と陣内智則(38)が、13日の初日へ意気込みを語った。

 1912年の創業時を描いたもので、2人は創業者の吉本吉兵衛・せい夫妻役。舞台から2階席へ向けて、高さ約10メートルのフライングに挑戦した陣内は「想像以上に怖かったですけど、NGKでは初の試みなんで見どころです。ただ、保険に入らされました」と総額10億円の保険に強制加入させられ苦笑いを浮かべた。

 プライベートでは、モデル・三枝こころ(24)と交際中だが、熱望していた国仲とのラブシーンがなかったことにも不満げ。「楽しみは暗転の時に、舞台ソデまで手を引いて歩くとこだけです」と笑わせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2012年4月11日のニュース