小林幸子の事務所元社長 “不倫”で林氏に10年前から不信感

[ 2012年4月11日 06:00 ]

さだまさしのバースデーコンサートにゲスト参加した小林幸子

 小林幸子(58)の事務所幹部解任騒動で、元社長が小林の夫で医療関連会社社長の林明男氏(49)に不信感を抱いた端緒が、約10年前の小林との不倫疑惑だったことが10日、分かった。

 林氏が離婚時の慰謝料を「数回に分けて支払った」と元社長は認識しており、今回の慰労金の分割払いも「林氏の提案」とみているという。

 元社長が周囲に明かした内容によると、小林と林氏の交際が始まったのは01年。小林はこれまで「05年」と説明してきたが、夫妻は知人らに「交際から丸10年の記念日(昨年11月15日)に婚姻届を出した」と話しており、元社長の指摘通り01年との見方が有力。林氏が前妻と離婚したのは04年2月のため、交際当初は不倫関係にあった疑惑が浮上する。

 疑惑を知った元社長は林氏に不信感を抱いたというが、2人は結婚。昨年9月と11月に結婚会見を開くに当たり、林氏が「僕も会見に出るから仕切りたい」と申し出たため、かねて不信感を募らせていた元社長は「“秘密”を抱えた中で何を言っているんだ」と思ったという。その後も小さな衝突が続き、今年2月、NHK紅白歌合戦の豪華衣装代をめぐり、決定的な口論に発展した。

 小林は近く会見する意向を示しているが、元社長は小林主導の解任劇ではないとみているため、落としどころが見えなくなっている状況。新曲の発売延期も決まるなど騒動の影響は大きく、周囲は「なんとか円満に解決できる方法はないのか」と心配している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーさん死去」特集記事

2012年4月11日のニュース