吉本芸人「裸で何が悪い」と新劇場をPR

[ 2009年4月25日 06:00 ]

「よしもとプリンスシアター」の開場式典で鏡抜きをする中田カウス(中央)ら

 吉本興業の都内5つ目の専用劇場として25日に東京・品川プリンスホテル内にオープンする「よしもとプリンスシアター」の開場式典が24日、同シアターで行われた。

 吉本新喜劇の座員らがゲストで登場し、島木譲二(62)が上半身裸になって持ちネタ「パチパチパンチ」を披露。すかさず石田靖(43)が「裸で何が悪い!お酒は飲んでませんが」と“時事ネタ”で笑いを誘った。
 今月3日に「舞台に立てないようにしてやる」との内容が書かれた脅迫文が自宅に届いた中田カウス(59)も相方のボタン(61)と登場。鏡抜きの酒だるを前に「これ飲んだらSMAPの人みたいになるんちゃう?」とニヤリ。草なぎは吉本の芸人にも“大人気”だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2009年4月25日のニュース