草刈民代 引退公演終え「幸せでした」と笑顔

[ 2009年4月25日 06:00 ]

引退公演の最終日に記者会見に臨んだバレリーナの草刈民代

 バレリーナの草刈民代(43)が、引退公演「エスプリ~ローラン・プティの世界~」の最終日の24日、東京都内で会見を開いた。

 引退の理由について年齢や足首の故障を挙げながらも「踊り続けて、やめるときも納得する形でやめられて幸せだと思います」と笑顔で語った。引退後は「舞台とかチャンスがあればやってみたい」。もし夫の周防正行監督から映画出演のオファーがあったらの問いには「私は出たい気持ちがあります」と話した。
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2009年4月25日のニュース