×

中日 立浪監督政権下で初の貯金だ! 阿部が同点打、石川昂が勝ち越し打で阪神に逆転勝ち!

[ 2022年4月12日 20:54 ]

セ・リーグ   中日2-1阪神 ( 2022年4月12日    バンテリンD )

<中・神>8回、阿部の同点適時打で、二塁走者・ビシエドは本塁に滑り込み生還する(捕手・坂本)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日が12日の阪神戦に2-1で逆転勝ちした。8日からのDeNA3連戦がDeNAのコロナ感染拡大で試合が中止となり、再開初戦となった本拠地の一戦をものにした。これで7勝6敗となり、立浪監督政権下で初の貯金生活となった。

 中盤まで先発・大野雄を援護できなかった。阪神先発・西勇から、7回まで毎回安打を放ちながら、得点を奪えず。一方で大野雄は6回に佐藤輝に痛恨の先制弾を許し7回1失点ながらも、勝利投手の権利なく降板となった。

 だが、打線が8回に奮起する。2番手・湯浅からビシエドが左翼線へ二塁打を放ち、続く阿部が中前への適時打。ビシエドが激走して同点のホームを踏んだ。さらに1死一、三塁となり、石川昂が左前への勝ち越し適時打を放った。

 9回は守護神のR・マルティネスが締めて逃げ切り勝ち。8回に2番手で登板し、無失点に抑えた祖父江が、昇格初日で今季1勝目となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月12日のニュース