×

阪神・湯浅が2失点で8回に逆転許す…1死しか奪えず悔しい降板

[ 2022年4月12日 20:48 ]

セ・リーグ   阪神ー中日 ( 2022年4月12日    バンテリンD )

<中・神>8回、逆転され降板となり、マウンドで顔をしかめる湯浅(左)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 売り出し中のクローザー候補が悪夢を見た。1点優勢の8回に登板した阪神・湯浅が2失点で逆転を許した。先頭の鵜飼を3球三振に打ち取ったものの、ビシエドに左翼へ二塁打を浴びると、阿部に同点の中前適時打。暴投と四球で一、三塁とされると石川にもフォークを左翼へはじき返され勝ち越された。開幕から6試合連続無失点で不振のケラーに替わって新守護神にも指名。好調をキープしていたが、敵地で1死しか奪えず悔しい降板となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月12日のニュース