×

阪神・豊田 打倒・輝へ“中野に弟子入り”、同じドラ6社会人出身「どんな準備していたのか聞いてみたい」

[ 2022年1月11日 05:30 ]

ポール間を走る阪神・豊田
Photo By スポニチ

 開幕スタメンを獲る!阪神ドラフト6位・豊田(日立製作所)が10日、鳴尾浜球場で行われた新人合同自主トレでフルメニューを消化し、3月25日の開幕戦、ヤクルト戦(京セラ)の先発出場をターゲットにすると明言した。

 「開幕1軍に入って、開幕スタメンを目指したい。目標は高くないといけないし、キャンプでどんどんアピールしたい」

 阪神の新人開幕スタメンと言えば19年の近本、木浪、そして昨年の佐藤輝に続く流れになる。長打力のある右の即戦力外野手として狙うのは外野の一角。キャンプでは同じスラッガータイプでライバルとなる佐藤輝に挑戦状を叩きつける構え。「すごい選手だし、体は大きい。でもやるからにはそこに勝たないと試合に出られない。チームメートだけど意識して勝てるようにやっていきたい」と言葉に力をこめた。

 そのためにも同じ6位入団から遊撃のレギュラーに躍り出て、盗塁王にも輝いた中野に助言を仰ぐ算段。「同じ社会人で1年目から出られたので、どんな準備をしていたのか聞いてみたい」と競争を勝ち切る極意を授かるチャンスをうかがう。

 昨年11月30日の都市対抗1回戦・ヤマハ戦で発症した両ふくらはぎ肉離れも経過は順調で、この日はフルメニューを消化。軽快なランニングも披露し、トス打撃で感触を確かめた。1軍キャンプ切符を手にし、目標に向けてアピールする。(鈴木 光)

 《国際武道大の先輩 伊藤将からエール》豊田は、伊藤将から開幕スタメン挑戦に向けたエールも送られた。国際武道大時代の1学年先輩に当たる左腕から「後輩なんで少し話をしている。社会人は即戦力として見られるので、豊田とは1年目から1軍の中でやりたいと思っている。まだ直接は伝えていないけど」と期待を受け、「そう言っていただいているなら、それに応えたい」と決意を新たにした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月11日のニュース