×

大阪桐蔭・松尾 あるぞ西武・森以来の同校ドラ1捕手 半端ない秘めた能力、未知の魅力たっぷり

[ 2022年1月4日 09:00 ]

2022年ドラフト候補選手特集

大阪桐蔭・松尾汐恩
Photo By スポニチ

 2022年のドラフト候補は粒ぞろいだ。昨夏の甲子園大会で活躍した京都国際・森下瑠大投手、近江・山田陽翔投手の「左右の二刀流」に、大阪桐蔭の松尾汐恩捕手(いずれも2年)は、そろって1位指名を狙える力を持つ。社会人では、大阪ガスの河野佳投手(20)が社会人No・1右腕として呼び声高い。秋に向け、注目度が増すであろう逸材を紹介する。(取材・北野 将市)

 秘めた能力は半端ない。大阪桐蔭の松尾は高校球界No・1捕手。チームを思う意識も高く、同校の捕手では森友哉(現西武)以来となる1位指名の可能性も十分にある。

 「自分以外(の選手)は昨年はメンバー外だったので、引っ張っていくつもりです」

 池田陵真(オリックス5位)、松浦慶斗(日本ハム7位)らがいた旧チームでも下級生で唯一の主力。遊撃手だったが1年秋に転向した。昨夏の甲子園大会では近江戦で本塁打し明治神宮大会決勝でも2本のアーチをかけるなど高校通算17本塁打。二塁送球完了タイムはプロレベルの1秒87で50メートル走は6秒0。西谷浩一監督も「捕手としてやらなければいけないことは多くある。ただ、(通常の)捕手にないものを持っている」と“規格外”の可能性を示唆する。

 「まだまだ守備の力はない。打撃でも、まだまだ足りないので伸ばしていきたい」。多くの先輩がプロで活躍しているからこそ、己の未熟さを認識する。伸びしろしかない男の成長度が楽しみだ。

 ◇松尾 汐恩(まつお・しおん)2004年(平16)7月6日生まれ、京都府精華町出身の17歳。川西小1年から野球を始める。精華中では京田辺ボーイズに所属。大阪桐蔭では1年秋からベンチ入りし2年春夏連続で甲子園出場。1メートル78、76キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月4日のニュース