落合博満氏「意識改革でしょう」 立浪監督&新庄ビッグボスに金言、監督1年目の心得伝授

[ 2021年12月30日 07:00 ]

落合博満氏
Photo By スポニチ

 現役時代に三冠王を3度獲得し、監督としては中日を4度のリーグ優勝に導いた落合博満氏(68)が、29日に放送されたMBSラジオの「JA淡路日の出スポーツスペシャル ~MBSベースボールパーク番外編~ 落合博満×掛布雅之 THE・野球談議」に出演。現役時代は阪神の4番に座り、阪神2軍監督なども務めた掛布雅之氏(66)との対談で、中日・立浪和義監督や、日本ハムの新庄剛志監督ら新監督に向けて、虎の巻を披露した。

 番組内で「監督1年目に結果を出すための秘けつ」を問われた落合氏は「それは意識改革でしょう」と断言した。どんなチームでも前監督時代に出場機会に恵まれなかった選手がやる気を出すとして、「監督が代わることで、俺を見てくれという選手が出てくる。それをうまいこと見つけながら、全員に俺を見てくれと言われるような態勢をつくっていかないといけない」と語った。就任1年目の2004年に、いきなり優勝を果たした指揮官だけに説得力があった。

 落合氏が就任時に特に重視したのが打撃ではなく守備。「監督になる時に、“バッティングのチーム”をつくるんだって思われていたけど、守ることを重視して野球やるんだよ、と(話した)。荒木がその気になったんだもん。俺の生きる道があるんだ、とノックに飛び込んできた。生かすも殺すも監督次第」と、具体的なエピソードを挙げて解説した。

 さらに「空気って周りが作るもんじゃないよ。監督が作るもんだ」「なぜ負けたか。なぜ勝ったかは、その日のうちに整理していた」などなど番組内では監督としての心得として金言が満載。ただし、チーム強化の基本は練習だとして、キャンプでの6勤1休制度を推奨した。他球団では、4勤や3勤などの休養日を多く設けるチームが多いが「だって1週間に6試合やるんだよ。3日やって1日休んでのスケジュールじゃないから」と、6連戦を想定することを勧め「朝の9時から、夜の6時、7時まで。(他球団より長く練習した時間が)積もれば何日分とかになる」と中日時代の話を披露した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年12月30日のニュース