中日ドラ1・ブライト わずか2カ月弱で6キロ増量 目標は同世代の村上 「いつかは日本代表に」

[ 2021年12月8日 05:30 ]

中日と仮契約を結んだ上武大・ブライト(撮影 中澤智晴)
Photo By スポニチ

 中日からドラフト1位で指名された上武大・ブライト健太外野手(22)が7日、群馬県高崎市の同大学で中日・松永幸男編成部長らと入団交渉を行い、契約金1億円、年俸1600万円で仮契約。将来の目標に侍ジャパン入りを掲げた。

 「高い目標を持ってやりたい。まだ日の丸を背負ったことがないので、いつかは日本代表になりたい」。東京五輪で同世代のヤクルト・村上が金メダル獲得に貢献したことも刺激になっている。「意識はする。今はおこがましいが、いつかそういう選手になれれば」

 夢への第一歩として増量に着手。ドラフト時は82キロも1日6食とトレーニングで88キロにアップ。「今までベストは83キロだったがプロでは試合数も増える」と来年1月の入寮までに90キロのプロ仕様に仕上げ、スタートダッシュを狙う。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年12月8日のニュース