日本ハム・斎藤佑樹が現役引退 球団発表、今季限りで 「最高の仲間とプレーすることができて幸せでした」

[ 2021年10月1日 11:01 ]

日本ハム・斎藤佑樹
Photo By スポニチ

 日本ハムは1日、斎藤佑樹投手(33)が今季限りで引退すると発表した。

 斎藤は球団を通じ「今シーズン限りでの引退を決断いたしました。ご期待に沿うような成績を残すことができませんでしたが、最後まで応援してくださったファンの方々、本当にありがとうございました。約11年間、北海道日本ハムファイターズで最高の仲間とプレーすることができて幸せでした」とコメントした。

 早実のエースとして2006年夏の甲子園では田中将大(現楽天)らを擁した駒大苫小牧と決勝再試合の末、優勝投手に。早大を経て、2010年ドラフトで日本ハムに1位指名された。

 1年目は19試合に登板し6勝(6敗)、12年には19試合で5勝(8敗)をマーク。1軍では2017年以降勝利から遠ざかり、11年間で通算88試合15勝26敗。2019年を最後にここまで1軍登板はなかった。

 昨年10月16日のイースタン・リーグ、巨人戦で右肘の違和感を訴え、後日じん帯断裂が判明。「野球をやめなくちゃいけないと思った」と最悪も覚悟した。手術も視野に入れたが、早期復帰を目指し、PRP(自己多血小板血しょう注入)療法を選択。キャンプから連日200球程度の投げ込みを行いながら、段階を踏んできた。

 今年7月12日にはイースタン・リーグ、DeNA戦で269日ぶりに実戦のマウンドに立った。その後、千葉・鎌ケ谷での1軍の全体練習に今季初めて参加し、栗山監督と面談。指揮官は「俺が思っている斎藤佑樹の投球とは、というのを少しだけ話をさせてもらった」と明かしていた。

 ◆斎藤 佑樹(さいとう・ゆうき) 1988年(昭63)6月6日生まれ、群馬県出身の32歳。早実では高3春夏の甲子園出場。夏の決勝は駒大苫小牧との延長15回引き分け再試合の末に優勝。「ハンカチ王子」として一世を風靡(ふうび)する。早大ではリーグ6人目の通算30勝&300奪三振を達成。10年ドラフト1位で入団。11年4月17日のロッテ戦でプロ初登板初勝利。1メートル76、77キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月1日のニュース