西日本工大最速150キロ左腕・隅田 7球団視察試合で無四球完投!プロへ猛アピール 

[ 2021年9月12日 05:30 ]

九州地区大学野球北部大会   西日本工大3-1久留米工大 ( 2021年9月11日    長崎県営 )

<西日本工大・久留米工大>3安打完投の隅田
Photo By スポニチ

 2試合が行われ、西日本工大は久留米工大を3―1で下し今季初勝利を挙げた。今秋ドラフト上位候補の左腕、隅田知一郎(ちひろ)投手(4年)が9回3安打1失点、無四球の13奪三振で完投。視察した7球団のスカウトに猛烈アピールした。

 今秋のドラフト会議まで1カ月。上位候補の最速150キロ左腕、西日本工大の隅田が久留米工大戦に先発し、アピールに成功した。9回3安打1失点、無四球で完投。「楽しみにはしていました」と話す地元・長崎での登板で、序盤から140キロ台後半の直球を連発し、自己最速タイの150キロもマークした。
 
 スライダーなど多彩な変化球を駆使して無安打投球を続けた。この秋初めて110キロ台のカーブも投げた。「思ったより良かった」と直球との緩急で相手を寄せつけなかった。
 
 7回は自身の失策などで無死満塁のピンチを招いた。左打者の相手7番にはフルカウントからインコースの直球で見逃し三振に斬った。「左バッターのインコースは今日のテーマだった。厳しいカウントからも投げられたのは、メンタル的にも成長しているのかな」と手応えを得た。8回先頭にこの試合初の安打を許したが、「どこかで打たれるだろうと思っていました」と気持ちを切り替え、後続を抑えた。

 6月の全日本大学野球選手権では上武大に0―1で敗れたが、13三振を奪い評価をさらに上げた。今月1日にはプロ志望届を提出。この日もネット裏から巨人、阪神、日本ハムなど7球団が視察。巨人の脇谷亮太スカウトは「神宮で登板して自信をつけたのかな。(春に比べ)制球力がついたし、チェンジアップの抜けも申し分なかった。上位候補になってくると思います」と評した。すでに12球団から調査書が届いており、複数球団との面談もスタートした左腕は「12球団OKです」と明言した。(杉浦 友樹)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月12日のニュース