×

松商学園・織茂 5安打6打点の大暴れ!「勝ちに貢献できてうれしいです」

[ 2021年8月11日 17:24 ]

第103回全国高校野球選手権 1回戦   松商学園17-4高岡商 ( 2021年8月11日    甲子園 )

<高岡商・松商学園>5回2死三塁、松商学園・織茂は中越えに適時三塁打を放つ(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 第103回全国高校野球選手権大会の第2日は11日、甲子園球場で1回戦が行われ、4年ぶり出場の松商学園(長野)が4大会連続出場の高岡商(富山)を17-4で下し、初戦を突破した。松商学園は史上初となる大正、昭和、平成、令和の4元号勝利となった。

 17安打17得点の猛攻の中でも光ったのが、3番・織茂だ。第1打席の左前打で先制点の起点となるなど、3本の長打を含む5安打6打点の大当たり。「ホッとしています。最近では一番打てました。チームの勝ちに貢献できてうれしいです」と安どの笑みを浮かべた。

 長野大会の全6試合でもヒットを放ち、これで今夏は7試合連続安打。とりわけこの日は全方向へ快音。「素直にバットを出すのが持ち味なので。つなぐ意識で打てました」と喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月11日のニュース