ヤクルト・高橋、修正効果で2勝目!前回登板で白星も「変化球の精度よくなかった」反省生かした

[ 2021年6月25日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―1広島 ( 2021年6月24日    マツダ )

<広・ヤ>2勝目を挙げた高橋(撮影・成瀬 徹)             
Photo By スポニチ

 今季2度目の先発だったヤクルト・高橋が6回2/3を4安打1失点で2勝目を挙げた。

 5回まではわずか1安打に抑える快投で「緩急を使って粘り強く投げることができた」と笑った。

 今季初登板だった前回13日のソフトバンク戦は7回途中2失点で白星を挙げながら「変化球の精度がよくなかった」と反省。いつもより多い2度のブルペン投球を入れて修正し、再び結果を出した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年6月25日のニュース