広島・河田HCが「2番・菊池涼」に期待 1点を大事にする今季の方針受け「キクの2番が一番いい」

[ 2021年1月29日 05:30 ]

キャッチボールする広島・菊池涼(撮影・河合 洋介)
Photo By スポニチ

 広島・菊池涼は28日、マツダスタジアムでの合同練習に合流。視察した河田ヘッドコーチから「2番起用」を改めて期待された。同ヘッドは「(打順は)監督やコーチとまだ話し合っていない」と前置きした上で「キクが2番に座るのが一番いいと思う」と構想を明かした。

 犠打や進塁打の重用が今季のチーム方針で、小技のできる2番がポイントになる。菊池涼は昨季、2番先発は60試合にとどまったが、河田ヘッドは「まずは守備からと自分でもよく言っている。いつも通りやってくれるはず」と信頼は揺るがない。

 菊池涼は桑原、羽月らとの静岡での合同自主トレを24日に打ち上げた。「今日は新年のあいさつ」と合流初日から新助っ人クロンや投手陣らと積極的にコミュニケーションを図った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月29日のニュース