ソフトB・柳田、12試合ぶり25号先制ソロ!残りシーズンへ「光が見えてきたような気がする」

[ 2020年10月3日 21:45 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―1日本ハム ( 2020年10月3日    ペイペイD )

2回無死、ソロを放った柳田(右)はTVカメラに向かってポーズ(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは先発の東浜が8回途中1失点の好投で自身4連勝となる今季6勝目をマーク。打線も柳田に12試合ぶりとなる一発が飛び出し、チームは3連勝を飾った。

 先制の25号ソロを放った柳田は「昨日、(川島)慶三さんが4番で結果出したのにもかかわらず、僕が4番を取っちゃったので慶三さんの分まで仕事しようと思いました。慶三さんの代わりができるかどうか不安の気持ちしかなかったです」と笑いを誘いながらも「初球は狙ってなかったんですけど、たまたま良い結果になっただけです」と振り返った。

 打った瞬間にホームランを確信したような一発は最高の感触だったと話した上で「トレーナーのおかげでコンディションがグッと上がってきた」とトレーナーに感謝した。

 チームは3連勝で首位をキープ。残りシーズンに向けて「光が見えてきたような気がするので、残る試合も一生懸命戦いたいと思います」と意気込んだ。最後に「皆さんのおかげで勝つことができました。本当に感謝しています。ありがとうございました」とファンへメッセージを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月3日のニュース