DeNA・今永 シート打撃登板、打者6人に1安打3奪三振「久しぶりにしては良かった」

[ 2020年5月24日 16:11 ]

チーム練習に参加したDeNA・今永(球団提供)
Photo By 提供写真

 DeNAの今永昇太投手が24日、横浜スタジアムで行われたシート打撃に登板した。

 打者6人に計17球を投じて1安打3奪三振。最速は148キロだった。3月21日巨人との練習試合以来となる打者相手の投球に「しっかりシートバッティングに向けて準備をしてきて、久しぶりの実戦登板にしては良かったと思います。対打者というよりはマウンドの傾斜、キャッチャーとの間合いなどの確認、また今まで意識してきたフォームを無意識化して対応できたことは良かったです」と振り返った。

 2年連続の開幕投手が確実な左腕は、今後に向け「より精度を高めると同時に調子の良い悪いも出てくると思うので、ファウル、カウント、見逃しを取りたいボールを投げる前から考えて投げたいです」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月24日のニュース