西武・栗山 速球打ちは阪神・福留が理想「現役最年長で、速い真っすぐを打っている」

[ 2020年5月24日 05:30 ]

メットライフドームでチーム練習に参加した西武・栗山(球団提供)
Photo By 提供写真

 36歳で西武野手最年長の栗山がチーム練習後、オンライン取材に応じ「全体で集まって練習できるのは非常にうれしい」と話した。自主練習中は、より速い球をイメージしながら打撃マシンと対峙(たいじ)。「(阪神の)福留さんは現役最年長で、速い真っすぐを打っている」とアドバイスをもらったこともある日米通算2395安打の43歳を理想に掲げた。

 自身も通算2000安打まで残り175本。「始まった時にプロ野球選手は凄いなという姿勢、プレーをみなさんに見てもらいたい」と開幕を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月24日のニュース