都高野連 東西東京大会実施へ 武井理事長「3年生の力、技を発表させる場つくってあげたい」

[ 2020年5月8日 05:30 ]

 東京都高校野球連盟は7日、都内で常務理事会を開き、今夏の甲子園大会開催の有無にかかわらず東西東京大会を実施する方針を固めた。

 常務理事会終了後に東京都高野連の武井克時理事長が報道陣に対応した。夏の甲子園大会開催に関係なく東西東京大会を実施する方針について「3年生の培ってきた力、技をどこかで発表させる場をつくってあげたい。密集を避けて、開催する準備を進めていきたい」と説明した。無観客開催や開会式の取り扱いについても議論されたとみられる。ベンチやトイレの徹底した消毒など新型コロナウイルス感染対策を十分に講じ、今後の社会情勢も注視しながら実施の道を探る。大会の詳細は6月中旬に予定されている選手権運営委員会で協議される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月8日のニュース