【筒香と一問一答】メジャーの投手を打つために「柔軟に対応していきたい」

[ 2020年2月17日 05:30 ]

集まったファンにサインするレイズの筒香(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 【筒香に聞く】

 ――時差ボケは。

 「全くないです。(秘けつは)飛行機で寝ないことですね。こっちに来るのも全然ストレスがない。アメリカに何度も来たり、ドミニカ(共和国)に行ったり、そういうのが凄く生きてるなと」

 ――メジャーのキャンプの練習量の少なさについては。

 「(日米で)どっちが正解というのはない。自分のコンディションと相談しながら増やすのか落とすのか、そのままなのかを決めたい」

 ――メジャーの投手を打つには。

 「投手が投げるボールの質が違う。違うことが多いので柔軟に対応していきたい。速度もボールの曲がり方も違うと思うので」

 ――オープン戦で日本投手との対決が実現する可能性も。

 「前田さん、田中さんはこっちで長くやられていて、日本でみんなが憧れる選手。そういう先輩と対戦させていただいて学ばせてもらえれば。(ブルージェイズの山口)俊さんは去年までやっていたんで“打たせて”と言っておいてください」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月17日のニュース